建売と注文

ステンレスのキッチン

消費税アップが見送られて、住宅を建てようという気運を持っていた方々には追い風になっているようです。
私の友人も、家族が増えたことを機会に、この消費税据え置きを狙って、いよいよ土地を購入しました。
やはり戸建てであれば、下の階の人たちへの気づまりもなくて伸び伸びできるので、社宅暮らしよりはよほど快適な暮らしができそうです。
なによりも戸建てには庭造りの楽しみもあります。
地植えができるので、どんな植木を植えて、どのようなアプローチで造形していくかという楽しみがあります。
もちろん家庭菜園に精を出すのもありです。
かわいらしい子供と一緒になって遊べる庭造りは、マイホームを持つことの喜びの大きなもののひとつと言えます。

現在ではエネルギー対策や環境対策、自然災害への対策や低コストランディングな高性能住宅が各ハウスメーカーとも開発に余念がありません。
したがって、今後もより住みやすい住宅が品質改良され、コストも抑えられて登場してくるものと思われます。
その一方で、リノベーションやデザインハウスなどオーナーの志向性を強く打ち出した住宅も増加していくものと思います。
昔ながらのウサギ小屋と言われた日本文化もその様相を徐々に変化させていくのではないでしょうか。
住宅の並びを見ていくだけで、われわれの駆け抜けてきた時代を思い起こすことができます。
みんなが同じような家を建てて、同じように暮らしてきた昭和の時代。
とても懐かしくなります。
やがて、それも新しいものへと変わりつつあります。