知識を集める

家の模型を包む両手

新築の一戸建て住宅を選ぶ時には、そのデザインを自由にできるかという点だけでなく将来を見据えた計画が大事になってきます。
デザインを自由でできる住宅を注文住宅と言います。
これに対してデザインはあまり選択の余地がありませんが、すでに万人受けする間取りで設計されている家を建売住宅と言います。
どちらがいいかは好みが分かれるところですが、自分が理想としている家を目指すなら断然注文住宅を選ぶべきでしょう。
ただし、設計が自由にできるというとこは、裏を返せばいくらでもお金をかけることができるということです。
現実的には自由でありながら制限がある点を知っておくべきだと思います。
しかも将来的にローンの返済が続く点を考えると子供たちが成長してどうなっているのかということや自分たち夫婦がどのくらいの年齢まで働けるかなども計算した上での自由設計が一番無理がなくできる設計です。

注文住宅は自由に設計できるけども、その反面金銭的な制限がつきものになってきます。
土地を購入しているのなら土地の建蔽率や容積率の範囲でしか設計ができません。
限られた中でどんな工夫をして自分たちの満足につなげるのか、あるいは工夫をすることで家族みんなが幸せになる家はどんな家かを考える時間が必要です。
自由設計という点で似たものに中古の家をリノベーションするというものがあります。
これは中古の家を土地付きで購入して使える部分だけ使って老築化した部分は新しい間取りにするという点で割と自由設計ができる家になるのです。
ただ、リノベーションはもともとの柱などは残してほかを作りかえますので、その範囲内での設計が自由になるということです。